最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月30日 (金)

横田基地における燃料漏れに関する情報提供(その2)

平成22年7月11日(日) 午前10時30分頃発生した横田基地における燃料漏れについて防衛省北関東防衛局からの情報提供

横田基地第374施設中隊環境課長による説明及び現場確認

○日時:平成22年7月21日 10:00~10:30

○場所:横田基地施設中隊建物及び発生現場(誘導路)

○概要:

1 回収された燃料量も含め、本件に係る燃料総量は10ガロンであり、給油ホース内で逆流させた、ホースから出た燃料については、滑走路上に置いたバケツで受け、吸収材を敷いて回収作業にあたった。給油ホースから地面にこぼれた燃料量は、推定2~3ガロンであり、そのうち0.5ガロン(約2L)が排水溝に漏れたと思われる。

2 排水溝のコンクリート蓋の隙間にも吸収材を使用し対応した。

3 排水溝に入ったと思われる燃料については、この日の天候は、晴れており風もあり、雨も降っていなかったので、蒸発したものと思われる。

4 さらに、発生現場脇の排水溝から基地内を迂回し雨水配管が第5ゲート入り口まで延びているが、この間の距離は1.1キロメートルある。

5 これらの状況を鑑みて、環境課担当者としては、基地外への影響はないものと考えたものである。

漏れた燃料 はいわゆるジェット燃料 JP-8 と呼ばれるものです。成分は市販の灯油とほぼ同じ組成ですが、不純物 添加物などの基準が厳しいので、市販のガソリンより高価だとのこと。

2010年7月29日 (木)

まだいる KC-10

16日からいたKC-10(Travis 40191)は今朝(7月29日)もまだいて、同じ部隊のKC-10(Travis 60037)が6時30分に飛び立ちました。

Kc10100729h448

2010年7月26日 (月)

KC-10が3機

26日朝は昨日のC-17はいなくて、KC-10が3機 16日からの“40191”と25日からの“60037”に加え 同じ Travis 所属の“40189”がいました。「故障」ということで、16日からいる“40191”は昼頃、エンジンをかけっぱなしで、誘導路を行ったり来たりしていました。夕方には、“40191”だけ残り、他2機もいなくなっていました。まだ修理が完了していないのでしょうか。

2010年7月25日 (日)

16日からいたKC-10(Travis 40191)は今朝(7月25日)もまだいて、同じ部隊のKC-10(Travis 60037)も来てました。

Kc10100725h348

C-17は21日にいたものと同じ、(Elmendorf 80051)がいました。カナダまで行き来してるのでしょうか。

C17100725h351

24日にはC-5(ANG Martinsburg/West Virginia 80225)が来てました。

今日から日本海で米韓合同演習とのことですが、横田での動きが気になるところです。

2010年7月23日 (金)

KC-10 修理OK? RYAN着陸

16日からいたKC-10(Travis 40191)は今日(23)日はタラップが外されて、駐機位置も変わってました。故障して修理中とのことでしたが、修理は終わったのでしょうか?

早朝にしてはギャラリーが多いので何かと思ったら、RYANが着陸しました。これまでのNorth American に替わってチャーター機となり、初来日とのことだそうです。

Ryan International Airlines N125RD Boeing 767-383(ER)

Ryan100723h930

直前に着陸した Evergreen Internationalはいつもの駐機場に行かず、「弾薬庫の方へ向かったので、危ないものを積んでいたのでは」という話が出ていました。

2010年7月21日 (水)

横田基地に於ける燃料漏れ

横田基地における燃料漏れに関する情報提供が防衛省北関東防衛局横田防衛事務所から情報提供

1 発生日時 平成22年7月11日(日) 午前10時30分頃

2 発生場所 横田基地内 誘導路付近(基地南側)

3 事故概要

①航空機(KC-10)への燃料給油中にホースがしっかりささっていなかったため、燃料漏れ(推定10ガロン)が発生した。

②漏れたと推定される10ガロンの燃料(jp8)のうち、推定0.5ガロン(約2リットル)のみが排水溝に流れた。残り推定9.5ガロンの燃料は回収された。ごくわずかな JP-8燃料漏れの事件であった。基地の緊急対応要員が現場に駆けつけ、基地外への影響の可能性を最小限にすることを含め、環境への影響を最小限に抑えるべく対応措置を取った。

③米軍の環境保護局長が現場を確認したところ、燃料が流入した排水溝は、市街の排水溝まで、約0.8キロメートル離れており、7月11日は、気温も高く、風もあり、雨はやんでいたため、燃料のほとんどが蒸発したと思われる。

④基地外への影響:米側としては、基地外への影響の可能性はない。

米軍発表では ダイジョーブ とのことですが、本当でしょうか。空中を飛びながら戦闘機などに給油をする任務をもつKC-10ですが、地上で失敗して、空中はダイジョーブなのでしょうか。当事者(機)は13日朝7時53分に離陸したもの(下写真は12日撮影)と思われます。

Kc10100712h187

KC-10 いつまでいるの

7月16日朝からいるKC-10(Travis 40191)は21日朝もまだいました。機首にタラップみたいなのがかかっていて飛び立ちそうにありません。故障して修理中らしい。

Kc10100721h305

20日はC-5(ANG Martinsburg/West Virginia 80225)がいました。

C5a100720h298

21日朝は C-17が2機 いずれもAK(80051,00171)でした。

F-16(WP 群山:クンサン)が2機横田基地で修理中との噂がありますが、どうなっているのでしょう。もうすぐ米韓合同演習があるとのことですが、それに間に合うのか、

KC-10が珍しく長く滞在しているのも、合同演習への備えなのか?

2010年7月15日 (木)

三沢のF-16 普天間のUC-35D

7月10日 三沢基地のF-16が飛び立ちました。アフターバーナーを使っていてすごい轟音でした。

F16100710h804

その後 海兵隊 普天間基地 MAG-36の司令部飛行隊の人員・連絡輸送機 UC-35Dが入ってきました。

Uc35d100710h822

空中給油機 KC-135 KC-10

7月8日 KC-135が2機飛来、いずれもペンシルバニア ANG(空軍州兵)のものです。

Kc135100708120

7月12日 マクガイア空軍基地の KC-10がいました。

Kc10100712h187  

自衛隊機 U-4 E-767

7月5日 航空自衛隊 総隊司令部飛行隊の多用途機 U-4が横田上空をパス

U4100705075

7月12日 

航空自衛隊 警戒航空隊 飛行警戒管制隊 (浜松)の Eー767が

横田基地を2回ローパス

E767100712h234

自衛隊機は横田に着陸せずパスすることが多いとのことです。

横田基地におけるシステムテスト(PAS)

防衛省北関東防衛局横田防衛事務所から、横田基地においてシステムテスト(PAS)を行うとの情報提供がありました。

1 日 程  平成22年7月14日(水)正午~

2 概 要  PASのテスト

3 内 容  システムの作動正常を確認するためのアナウンスを流す。

4 特記事項  サイレンの使用はない。

          実施回数は不明。

          終了時間は未定。

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »