« 空中衝突防止会議(MACA)の帰り | トップページ | 10月4日 KC-10A C-17A UC-35D »

2011年10月 3日 (月)

36ASが南西アジアに展開

横田基地のHPによると、9月30日、36th AS(Airlift Squadron)の隊員と家族が別れを告げた。隊員は南西アジアに数ヶ月展開する(The crew will be deployed for several months throughout Southwest Asia.) とのことです。同HPに掲載されている写真を見ると、出発するC-130Hのシリアルナンバーは(74-2067)となっていて、これまでの常駐機でなく、8月18日に格納庫の中で、尾翼の書き替え(?)や整備を行っているらしき写真を当ブログに載せていたものです。“Southwest Asia”といえば、アフガニスタンが思い当たりますが、どうでしょう。そのあたりまで、住宅地上空で盛んに訓練を行っていたのは、それに備えてのものだったのでしょう。下は“Southwest Asia”に飛び立ったC-130H(74-2067)が9月27日に訓練を行っている写真です。

C130h110927g844

ついでに最近の写真です。C-17Aが3機  到着した順に右から(HH 05-5151) (AK 00-0171) (HH 05-5148) と並んでいました。

C17a111003g895

9月3日にいた KC-10A (AMC TRAVIS 83-0078)です。

Kc10a111003g890

EVERGREEN INTERNATIONAL (N489EV) このナンバーは久しぶりです。

Ev111002g886   

« 空中衝突防止会議(MACA)の帰り | トップページ | 10月4日 KC-10A C-17A UC-35D »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事