« 3月13日 C-17A KC-135R KC-10A | トップページ | 3月14日 EME »

2012年3月13日 (火)

東日本大震災から1年

昨年3月11日の東日本大震災から1年ということで、さまざまなメディアが特集をしていました。横田基地のHPを見ると やはり1周年に当たっての米政府と在日米軍のstatementが出ていました。在日米軍の軍人他が、救援活動にがんばったことを讃えています。その中で“Within a week, the United States was able to coordinate the delivery of 242 tons of food, 2 million gallons of water, 28,000 gallons of fuel and 275 tons of direct aid cargo. None of that could have happened without your dedication to service”とあり、「242トンの食料、200万ガロンの水、2万8000ガロンの燃料、275トンの救援物資を被災地へ届けるのに関わることができた。あなた方の献身的な働きがなければできなかったことだ」と訳せばいいのでしょうか。昨年、横田基地内での「Tomodachi News」では、一人ひとりの隊員の活動を丁寧に知らせていました。日本政府の「アメリカいいなり」はいただけませんが、昨年、震災直後の放射能汚染に対する機敏な対応や、隊員、家族への気配りなどは学んでほしいものです。

3月8日のNEWSでは3月2日に行われたジョイフル本田での消防合同演習の成果について書かれています。3月8日の当ブログにコメントをいれておきましたが、瑞穂町消防団で参加したのは、第2分団 (箱根ケ崎地区) 第3分団 (石畑地区及び武蔵野地区)だったそうです。関係者のみなさん、失礼しました。

« 3月13日 C-17A KC-135R KC-10A | トップページ | 3月14日 EME »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 3月13日 C-17A KC-135R KC-10A | トップページ | 3月14日 EME »