« 5月22日、MC-130H C-130H | トップページ | 横田でMC-130Hの定期検査 »

2012年5月25日 (金)

36thAS return home

横田危機HPによると、5月19日、南西アジアに展開していた第36空輸隊(36th Airlift Squadron)の空軍兵士らが、4ヶ月間の任務を終えて、横田基地に戻ってきたとのことです。

昨年9月30日に36thASが出発した時、HPに“The crew will be deployed for several months throughout Southwest Asia. ”とありました。ちょうど8ヶ月前です。結局“several months”は4ヶ月だったことになります。9月もそうでしたが、横田常駐ではなかった機体を“YJ”に書き替えて、Southwest Asiaに展開していたようです。帰ってきた機体はR/W36のはずれのほうにいて、数人で洗浄していました。

C130h120525g458

これから別の兵士がSouthwest Asiaへ展開するのか、もうでかけたのか、基地周辺では、急旋回やタッチアンドゴーなど、紛争地域に対応した訓練が連日行われています。

C130h120523g374

25日朝、R/W36側で確認したところ、C-130HはSouthwest Asiaから帰って、洗浄している 74-1666以外に8機いて、そのうち2機は“AMC” 2機は“DYESS”となっており、“YJ”は半分の4機でした。

« 5月22日、MC-130H C-130H | トップページ | 横田でMC-130Hの定期検査 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 36thAS return home:

« 5月22日、MC-130H C-130H | トップページ | 横田でMC-130Hの定期検査 »