最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 横田基地で降下訓練 | トップページ | 7月26日、パラシュート訓練 3日目 »

2012年7月25日 (水)

KC-130Jでパラシュート訓練

24日に続き、25日も 在日米海兵隊・普天間基地・第36海兵航空群(MAG-36) 第152海兵空中給油飛行隊(VMGR-152)のKC-130J(QD8066)によるパラシュート降下訓練が行われました。午前10時頃、1回目6人、2回目6人が降下し、午後は13時から13時30分にかけて、3回目7人、4回目6人が、1000m以上の対地高度から、パラグライダーでの降下でした。横田基地にはパラグライダーでの降下を行う部隊はいないので、すべて、海兵隊の部隊と思われます。

Para120725g238

Para120725g480

今回訓練に使われた海兵隊のKC-130Jは、横田基地常駐のC-130H(ハーキュリーズ)を改良した最新型で「スーパーハーキュリーズ」と呼ばれています。見てわかる特徴はC-130Hのプロペラが4枚なのに対し、KC-130Jは6枚で三日月状になっていることで、これにより、プロペラの回転にブレーキをかける働きをする「カルマン渦」の発生を抑え、電子機器のデジタル化などで運用効率をあげています。
主翼に吊り下げられた補助燃料タンクに見えるもののうち両端は空中給油用ドローグポッドで給油用ホースリールが納められ、後方下にジョロの先みたいなドローグの先端が見えます。今回のKC-130J(QG8066)は昨年3月29日にも横田基地で撮影しましたが、当時は救援活動を行う海兵隊のヘリコプターに仙台沖で空中給油を行っていました。この機種はヘリコプターだけでなく、いま問題になっているオスプレイにも空中給油を行います。

Kc130j120725g517

Kc130j120725g525

横田基地常駐のC-130H は4枚プロペラです。

C130h120725g541

パラシュート降下訓練が終わるのを待って離陸したC-5Aギャラクシー(ANG MARTINSBURG 69-0022) ウエスト・バージニア州空軍州兵

C5a120725g498

テキサス州の空軍予備役所属ですが、6月から東アジア地域で輸送任務をしているC-5A (69-0002)が16時15分に着陸しました。

C5a120725g535

« 横田基地で降下訓練 | トップページ | 7月26日、パラシュート訓練 3日目 »

基地周辺飛行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: KC-130Jでパラシュート訓練:

« 横田基地で降下訓練 | トップページ | 7月26日、パラシュート訓練 3日目 »