最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月28日 (火)

8月28日、RC-135 MC-130 帰り

沖縄・嘉手納基地から台風避難していた MC-130P/H 6機とRC-135Sがいっせいに帰りました。この間、嘉手納所属のMC-130H/Pで横田基地に来ていたのは
MC-130H が (88-0191) (89-0280) (90-0162) (90-0152)
MC-130P が (69-5831) (69-5832) (69-5825) (66-0225)
ということになりますが、最後の(66-0225)は別の用で来ていたと思われます。

Mc130h120828g150

Mc130h120828g187

Mc130h120828g199

Mc130p120828g050

Mc130p120828g081

RC-135Sコブラ・ボール(OF 62-4128) 右の翼とエンジンが真っ黒です。

Rc135s120828g090

Rc135s120828g140

在日米海兵隊・岩国基地のUC-12W(168209) 友好祭で展示されていたものです。

Uc12w120828g049

真夜中出たらしいKC-135R(AMC FAIRCHILD 63-8879) 数日前は南東側に“ZZ”(嘉手納基地所属)のKC-135R 2機と並んでいました。嘉手納基地配備あるいは移籍になって嘉手納基地にいつもいるようですが、今回は台風避難でなく、別のミッションで(多分、米韓合同演習の支援)来ていたものと思われます。

Kc135r120828g175

昨日に続き、今日も「泣く子も黙る」FAAの飛行点検機が滑走路の上空を、低いパスや、高いパスを織り交ぜて、行ったり来たりしていました。

N86120828g069

N86120828g109   

2012年8月27日 (月)

C-130H(YJ)住宅地上空で飛行訓練

飛行点検機が着陸してから、横田基地常駐のC-130Hハーキュリーズ (74-2065 374AW) (74-1682) (74-1685) (74-1661) が4機続けて出ました。先頭は374空輸航空団司令官指定機で、操縦席の窓下に“COL. MARK AUGUST” と書かれており、その下の窓の内側に“374th AW”という文字と空軍大佐の階級章である鷲のイラストが描かれたプレートがたてかけてありました。第374空輸航空団司令官 マーク・オーガスト大佐が自ら操縦し、後に3機を連れて、横田基地周辺の視察にでかけたのでしょうか。夜、10時近くまで、C-130Hが、福生、羽村、瑞穂の住宅地上空を3機編隊で、訓練をして、かなりうるさかったのですが、この訓練機に司令官が乗っていたかどうかはわかりません。

C130h120827024

C130h120827g029 

C130h120827g030 

8月27日 FAA CL600 N86

米連邦航空局の飛行点検機 CL600-2B16(N86)が14時10分に離陸、14時41分にかなり低いローパスを行い、15時23分に着陸しました。1月末に同機が来た時は、他の基地の飛行点検を行ったようですが、今日は横田基地のILS(計器着陸システム)の点検だったのでしょうか。

N86120827g996

N86120827g002

N86120827g020

今日、早朝からC-5Bギャラクシー(AMC TRAVIS 85-0010)がかなり大きなパレットを積み込み、午後、飛行点検機の合間に出て行きました。このところ、C-5やKC-10などの出入りが多いのは、米韓合同演習関連なのでしょうか。

C5b120827g965

C5b120827g718 

2012年8月24日 (金)

8月24日 A-10A MC-130P/H

午前9時20分、横田基地日米友好祭で展示されていた A-10A(OS 82-0651) (FT 79-0207)が出ました。調子悪かったのか? お疲れさま。

A10a120824g801

A10a120824g824

台風15号接近のため、沖縄・嘉手納基地からの避難、昼頃 E-3C(OK TinkerAFB/Oklahoma)が来たようです。後は、夕方、6機続けて、嘉手納からやってきました。MC-130P(69-5825)  MC-130P(69-5832)  MC-130H(90-0152)  MC-130H(89-0280)  MC-130H(88-0191) そして、在日米海軍・嘉手納基地のベースフライト UC-12F(163557) 横田基地常駐の C-12Jよりやや小さいタイプです。これは、台風避難というより、何らかの連絡員かメンテナンスのスタッフでも運んできたのでしょうか?
昨年の東日本大震災で使えなくなった仙台空港の瓦礫を押しのけた狭いスペースに固定翼機で一番乗りを果たしたのが嘉手納のMC-130でした。今日のタッチダウンを見ても、横田基地のC-130Hより、ハードでかなり白煙をあげてるのがいました。

Mc130p120824g848

Mc130p120824g643

Mc130h120824g655

Mc130h120824g674

Mc130h120824g687

Uc12f120824g704 

2012年8月23日 (木)

沖縄台風避難

沖縄地方に台風15号が接近、週末に暴風雨が予想され、横田基地に E-3B,RC-135S,KC-135Rが避難してきました。22日夕方にE-3B(ZZ 75-0558)が来ましたが、撮影は出来ず、23日朝に確認しました。

E3b120823g657

23日午前にRC-135Sが来ましたが撮影できませんでした。その後、嘉手納基地所属のKC-135Rが2機来ました。

Kc135r120823g595

Kc135r120823g620 

台風避難と関係あるかどうか、22日、出たり入ったりしていたKC-135R(AMC 63-8879)が23日朝は、南東側にいました。尾翼に“FAIRCHILD”とあり、機首に“92ARW 141ARW”とあるので、ワシントン州フェアチャイルド基地所属となりますが、エンジンカバーは“909ARS KADENA AB” “718AMXS KADENA AB”となっています。“909ARS”は「空中給油隊」 “718AMXS”は「航空機整備隊」です。すでに、沖縄に移籍されているのかもしれません。

Kc135r120823g663

夕方、KC-10A(AMC TRAVIS 83-0080)が出て行きました。広角で撮ってみました。

Kc10a120823g496

横田基地日米友好祭に展示され、20日に帰ろうとして、トラブルで戻ってきたF-16C(ZZ 81-0031/0035)は23日9時41分にやっと出て行きました。

F15c120823g676 

2012年8月21日 (火)

8月20日 F-22 F-15 F-16 RF-4E F-18

20日午前、横田基地日米友好祭展示機の帰りを撮影、戦闘機系が主でした。以下、撮影できたものを、離陸順に。

F-22A (FF 08-4155/4165) (Langley/Virginia) アメリカ本国・東海岸ヴァージニア州のが、沖縄への暫定配備でアラスカを経由して、7月28、29日に嘉手納基地に飛来したもののようです。

F22a120820g308

F22a120820g325

在日米海兵隊・岩国基地(Marine Corps Air Station Iwakuni)所属のUC-12W(168209) ベースフライトとして、横田基地によく来ている機種です。

Uc12w120820g335

航空自衛隊・小牧基地のC-130H(45-1074)

C130h120820g528

在日米空軍・嘉手納基地のF-15C(81-0035/0031)

F15c120820365

F15c120820g367

F15c120820g384

航空自衛隊・百里基地・偵察飛行隊のRF-4E(57-6912)

Rf4e120820g417

9時36分に出た嘉手納のF-15Cが、離陸しようと待機していた百里基地のF-15CJを待たせておいて、戻ってきました。エンジンが不調だったそうです。

F15c120820g443

F15c120820g450

その後、航空自衛隊・百里基地のF-15CJ(72-8886)が離陸しました。

F15cj120820g461

1時間半ほど空白があり、在韓米空軍・オーサン基地のF-16CG(90-0775/89-0130)

F16cg120820g486

F16cg120820g493

カリフォルニア州ミラマー(MCAS Miramar/California)基地所属で、現在岩国基地にローテーション配備されている F/A-18D(CE-06)

Fa18d120820g539

在日米空軍・三沢基地のF-16CJ(90-0802/94-0038)

F16cj120820g585

F16cj120820g601 

F16cj120820g582

F16cj120820g635

この間、9時37分に着陸、11時46分に離陸したC-17A(AMC 08-8204) (Charleston/South Carolina)

C17a120820g544C17a120820g560

展示してませんでしたが、友好祭の期間中いたC-130H(ANG 82-0057)“The Last Frontier ”(アラスカ州空軍州兵)が出ました。

C130h120820g404   

2012年8月19日 (日)

8月19日 F-2A P-3C E-767

横田基地日米友好祭・展示航空機の帰りは18時からとのウワサ?通り、18時すぎてから F-2A (43-8530)(航空自衛隊三沢) , P-3C(5033)(海上自衛隊・厚木) , E-767(84-3504)(航空自衛隊・浜松)が次々飛び立ちました。一番最初のT-4(航空総隊司令部飛行隊・入間)はR/W18チャーリーからの上がりで撮影不可能でした。

F2120819g238

F2120819g247

P3c120819g484

P3c120819g490

E767120819g499

E767120819g518 

KC-135R “D” C-130H The Last Frontier

18,19日 横田基地日米友好祭が開かれ、様々な軍用機が展示されていますが、展示されていない機体を一部紹介します。

6月初めに横田基地に来て、韓国あたりへ貨物の輸送を行っていた C-5Aギャラクシー(AFRC 69-0002)(テキサス州)ですが、1ヶ月ほど前から動かなくなっていました。やっと18日に飛び立ったようです。写真は7月14日のものです。

C5a120714g783

尾翼に“ANG” “The Last Frontier” とあるC-130H(82-0057)アラスカ州空軍州兵

C130h120818g205

7月25日にやってきて、尾翼に“D”とあり、話題を呼んだ KC-135R(63-8019)ですが、調子悪かったようで、8月2日に南東側弾薬庫の近くに移動し、修理を試み、8月14日にターミナル近くの修理棟に近づいて、修理をしていました。友好祭のさなか、18日に離陸しようとタキシングしたんですが、結局ダメで出発できませんでした。

Kc135r120818g204

8月3日早朝、修理中の写真です。マーキングは“USAFE”(United States Air Forces in Europe)  在ヨーロッパ米空軍で 機首に“100ARW”とあり、 イギリスのRAF Mildenhall(イギリスのミルデンホール空軍基地でイギリス空軍と共同使用している米空軍の (100 ARW)  (351 ARS)所属ということになりますが、すでに沖縄・嘉手納基地に所属が替わっているらしく、エンジンカバーは嘉手納基地のものになっています。

Kc135r120803g613

Kc135r120803g616

機首にあるイラストには、“100ARW”とこのKCが所属していた部隊名があり、イギリス国旗とアメリカ国旗を背景に“100th BOMB GROUPE” “Est 1942”とあり、第2次世界大戦終盤にドイツ空爆を行った、B-17のイラストがあります。(Estはestablished の略で、確立した、創設したの意)

Kc135r120806790

第2次世界大戦末期、日本軍の真珠湾攻撃を機にアメリカは参戦し、ヨーロッパ戦線においては、イギリスのミルデンホール空軍基地でイギリス軍といっしょにドイツ全土への空爆を展開しました。日本では映画化された、ノルマンディー上陸作戦が有名ですが、米軍にとってはイギリス軍と共同の空爆もナチス・ドイツを無条件降伏に追い込んだ作戦だったと誇りに思っていることが、このイラストでうかがえます。

第二次世界大戦中に英・米軍がドイツ全土に加えた史上空前の空爆は、延べ400回、死者数は60万人に上り、そのうち7万5000人が子供だったといわれています。しかし戦後、ナチによる犯罪の贖罪に一貫して努めてきたドイツでは、これが国民の苦しみとして語られることはほとんどなかったようです。

ナチス・ドイツの戦争犯罪は筆舌につくしがたいほどひどいものですが、しかし、一般市民や子どもたちに責任はないと思います。英・米軍は最初は軍事施設、軍需工場をねらっていたようですが、最後は無差別爆撃となりました。結局戦争は人間を「狂気」にさせ、勝者であれ、敗者であれ、子どもたちや弱い人たちが犠牲になるものです。

8月15日の終戦記念日へ向けて、マスコミも戦争の記憶を風化させないため、様々な特別番組が流されていました。これも非常に大事なことです。しかし 「ドイツが戦争犯罪の贖罪に努めてきた」と紹介しましたが、日本はマスコミも戦争を推進してきたことに無反省で、政権についてきた政党は「戦争犯罪の贖罪」にかかわることは「自虐的」と攻撃してきたわけで、ドイツとの大きな違いを感じます。

NHKの特集番組で「第2次世界大戦で日本人は310万人の命を失った」といってましたが、日本が戦争をおこしたことにより、2000万人のアジアの人々の命を奪ったことは、ある方面の圧力が怖くて、口が裂けてもいえないのかもしれません。そういえばだいぶ前、NHKの戦争に関する番組を自民党がチェックしダメ出しをしていたことが問題になりましたね。

8月18日横田基地日米友好祭

18日昼頃、一回りして展示されていた航空機のリストです。横田基地常駐機(C-130H,C-12J セスナ)、“JA”レジの軽飛行機は除いています。不十分なとこは後で修正します。
 行ったとたんに、「雷雨警報が出ています。危険ですので滑走路を出て、ハンガーに入って下さい」のアナウンス、そして急な雨、大変でしたが、U-2Sというレアものが撮影できたので、早々に引き揚げました。

Fsd2012list 

2012年8月18日 (土)

U-2S Dragon Lady

8月18日 横田基地日米友好祭で、12時50分にU-2S Dragon Ladyのデモ飛行が行われました。1回目のローパスは間に合わなくて、2回目のローパスです。

U2s120818g458

U2s120818g465

U2s120818g474

1回目のローパスの後、R/W36の向こう側の捻りは遠くて、うまく撮れませんでしたが一応。

U2s120818a445

テールレター“BB”はアリゾナ州ビール基地(Beale Air Force Base/Arizona)を示し、“9 OG”は第9運用群(9th Operations Group)を示します。その下は“AF 68 337”と書いてあるようです。

通常のジェット機の飛行高度が10,000~12,000mですが、U-2は 25,000mもの高高度を飛行し、偵察用の特殊なカメラを積載し、相手国の機密情報を撮影する任務をもつ、高高度スパイ偵察機です。U-2はCIA資金により、ロッキード社が開発し、当初はCIA アメリカ空軍、中華民国(台湾)空軍で使用されていましたが、現在はアメリカ空軍のみで運用されています。ドラゴンレディ(Dragon Lady)というニックネームがあり、その塗装から「黒いジェット機」とも呼ばれていました。

全長 19.13m  全幅 31.39m  全高 4.88m
航続距離 7,400km  最高高度 27,000m   定員 1人

2012年8月14日 (火)

C-40C WashingtonD.C.ANG

WashingtonD.C.ANG所属のC-40C(02-0203) (Andrews AFB/Maryland)が 8月13日17時に来て、14日16時49分に出ました。13日、到着した直後、在日米陸軍・キャンプ座間の高官輸送機UH-60Aが3機飛び立ち、14日、UH-60Aが3機 着いた後、C-40Cが出ていることから、本国のペンタゴンあたりの高官を赤坂or六本木に案内したのではないかと思われます。8月10日にペンタゴンで空軍のチーフスタッフ(大将格)の退任・着任式が行われていますが、この関係の挨拶回りなのか?

C40c120814g280

C17a120814g288

14日、7時14分に出たC-17A(AK 93-0599) と7時39分に出たC-17A(AMC McCHORD 00-0175)

C17a120814g262

C17a120814g267    

2012年8月 9日 (木)

台風避難・補足

台風11号避難で沖縄から横田基地に来ていたのがすべて帰りました。TOMさん撮影のを載せます。在日米空軍・嘉手納基地 353SOG 1SOSのMC-130H(88-0191)

Mc130h120807377

ネブラスカ州オファット基地・55WG 45RSのRC-135S(61-2662) 右側は主翼全体とエンジンが黒く、左側は灰色です。調査対象相手国に常に同じ向きで接近するためでしょうか。

Rc135s120807835

Rc135s120807865

オクラホマ州ティンカー空軍基地・552ACW 964AACSのE-3C(82-0006)

E3c120807141

ついでに、今日8月9日のものです。ローパスした航空自衛隊・航空総隊司令部飛行隊のT-4(96-5776)

T4120809g052

夕方着陸した カリフォルニア州トラビス空軍基地のC-17A(06-6154)

C17a120809g065   

2012年8月 8日 (水)

8月8日、KC-135R C-130H/FRANCE

前日に続き、台風11号による暴風雨を避けるために沖縄から横田基地に来ていた、KC-135R(AETC 63-8031)が出ました。

Kc135r120808g156

7月22日から見られたKC-135R(ZZ 62-3561)は故障だったのか、やっと直ったのか12時5分に出て行きました。

Kc135r120808g187

8月4日にKC-10A(AMC TRAVIS 83-0075)といっしょにやってきたKC-135R(ZZ 58-0036)は東南側の修理棟にいたらしく 姿が見えませんでしたが、 14時22分に出ました。なお、空中給油用フライングブームの小翼にある部隊名は“22ARW  931ARG”となっており、カンザス州マッコネル空軍基地所属となります。尾翼の“ZZ”は沖縄・嘉手納基地ですが、現在の所属はどちらか?

Kc135r120808g213

15時12分にフランス空軍(Armée de l'air française)のC-130H(61-PM)が着陸しました。2010年の横田基地日米友好祭の時、東南側にいたのはC-130H(61PL) でした。毎年今頃来ているそうです。

C130h120808g000

C130h120808g009

10時01分、スーパーホーネットF/A-18Eが2機そろって割と低空を通過しました。横須賀基地に停泊している原子力空母ジョージワシントン艦載機で、このところ毎日のように群馬方面へ向かっているのを見かけます。赤城山あたりで訓練しているのでしょうか。低かったので“203”という機番がなんとか読み取れました。

Fa18e120808g934

航空自衛隊入間基地・航空総隊司令部飛行隊のU-4(85-3253)が出て、T-4(96-5621)がローパスしました。

U4120808g924

T4120808199 

2012年8月 7日 (火)

8月7日 KC-130J KC-135R MC-130H

台風11号が沖縄を直撃するので、沖縄・嘉手納基地、普天間基地から避難していたのが次々帰っていきました。

KC-130J (QD5957) (QD7925) (QD7981)

Kc130j120807g848

Kc130j120807g866

Kc130j120807g900

MC-130H(90-0162) MC-130P(69-5825)

Mc130h120807g885

Mc130p120807g896

KC-135R(AMC Fairchild 58-0046)

Kc135r120807g135

その合間、10時25分に入って、12時10分に出て行った C-17A(AK 00-0174)

C17a120807g873

C17a120807g126

10時45分に着陸した 在日米海兵隊・岩国基地のUC-12W(168209)

Uc12w120807g912 

2012年8月 6日 (月)

8月6日 KC-130Jが7機

在日米海兵隊・普天間基地から来ている 空中給油機KC-130Jが7機になりました。

前日までの QD7981  QD7925  QD5957  QD8066 に加え
QD7923  QD7982  QD8065 が加わりました。

沖縄への台風11号の直撃で在日米空軍・嘉手納基地所属あるいは一時的配備の
KC-135R、 E-3C、MC-130H/P 、RC-135Sが来ていますが、過去2年を見た限りでは
海兵隊・普天間からの台風避難はありませんでした。前日も書きましたが、
オスプレイへ空中給油する機能を持つ KC-130Jが「その時」に備えて、訓練予定地の
地形、風の動きなど現地調査に来たのでは、という気がします。あくまで個人的見解
ですが? 現在来ているものの写真、過去に撮影したのも含めて、アップします。最初の2枚は5日TOMさんの撮影です。

Kc130j120805g050

Kc130j120805g094

Kc130j110316g367

Kc130j110318g802

Kc130j120726g571   

2012年8月 5日 (日)

台風避難?

台風11号が沖縄に接近しています。いつもの台風避難なのか、沖縄に配備されている米軍機が多数横田基地に来ています。5日朝、見たところ4日に来たと思われるのが

KC-130J (QD7981) (QD7925) (QD5957) (QD8066)
以上4機は在日米海兵隊。普天間基地所属
このうち QD8066 は7月24日~27日、横田基地でパラシュート訓練をした。

MC-130 (31212) (95825) (00162)
以上3機は在日米軍・嘉手納基地所属

KC-135R (AETC ALTUS 63-8031) オクラホマ州
KC-135R (AMC FAIRCHILD 58-0046 ワシントン州
     ホワイトハウスや連邦議会がある東海岸のワシントンDCではなく、
     アメリカ本土西海岸最北部の州。州最大の都市シアトルは、
     イチローがいたシアトル・マリナーズの本拠地。

RC-135S (OF 61-2662) ネブラスカ州・オファット空軍基地
E-3C (OK 82-0006) オクラホマ州・ティンカー空軍基地 これはレアものらしい

以上4機は沖縄・嘉手納基地に一時的に配備されているものらしい。

※KC-130Jはオスプレイに空中給油する機能もあり、台風避難というより、
 その時に備えて、実地調査に来たのかも? 
 今日は3機編隊でどこかを飛んでいたようです

2012年8月 3日 (金)

福生市が横田基地日米友好祭について要請

8月2日、福生市長が第374空輸航空団司令官に対し、横田基地日米
友好祭についての要請を行いました。要請書を紹介します。

    横田基地日米友好祭に関する要請について

 日頃、貴官におかれましては日米親善についてご尽力をいただ
き感謝申し上げます。
 さて、今年も8月18日(土)及び8月19日(日)の両日、
「横田基地日米友好祭」が開催されますが、例年、曲技飛行等危険
な飛行は避けるよう、また、安全対策に万全を期するよう申入れを
いたしているところでございます。
 つきましては、今年も次の点についてご配慮されるよう要請いた
します。

1 曲技飛行などの危険な行為を回避するとともに、友好祭に関わる
 航空機の運行に当たっては、騒音を最小限に止めるよう努めること。
2 航空機はもとより、入場される多くの人々の安全対策に万全をつ
 くし、トラブル等の発生がないようにすること。
3 友好祭両日は、様々な食品が販売されておりますが、食品衛生及び
 衛生管理について、徹底を図ること。
4 解放ゲートが当市行政区域内の第5ゲートであることから、例年、
 車での来場者による交通渋滞や路上不法駐車等の問題が発生し、市民
 からの苦情が多数寄せられております。
  つきましては、基地内に駐車場を確保できない以上、電車等の交通
 機関を利用するようPRの徹底を図ること。
  なお、電車を利用する場合、牛浜駅は現在改修中で大変狭く、一度に
 大勢の利用客が殺到すると非常に危険であるため、福生駅・拝島駅・
 東福生駅等も利用するようホームページ等でPRすること。

                   平成24年8月2日

在日米空軍第374空輸航空団司令官
   マーク R.オーガスト大佐 様

                            福生市長 加 藤 育 男

2012年8月 2日 (木)

横田基地日米友好祭に関する要請

横田基地に関する東京都と周辺市町連絡協議会は8月2日、防衛省北関東防衛局長、横田防衛事務所長、横田基地第374空輸航空団司令官宛に「横田基地日米友好祭に関する安全確保及び騒音対策について要請を行いました。3つの文書のうち1つを紹介します。

横田基地日米友好祭に関する安全確保及び騒音対策について(要請)

 横田基地ではm、8月18日(土)及び19日(日)に「横田基地日米友好祭」が
開催されます。例年、日米友好祭の開催期間中は、多数の航空機等の展示及
び模擬店等の催しが行われ、基地周辺だけでなく各地から多くの来場者が見込
まれます。
 当協議会としては、日米友好の促進並びに住民の平穏な生活及び安全を確保
する視点から、日米友好祭の開催に当たり、次のことを要請します。

(1) 日米友好祭に関わる航空機の曲技飛行とも見てとれる危険な飛行行為を
   行わないようにするとともに、航空機騒音を最小限に止めるよう努めること。
   なお、友好祭当日のみならず、前後の日についても細心の注意を払うこと。

(2) 会場内及び基地周辺の安全対策、交通対策及び保健衛生面での安全確保
   等に当たり、運営管理に万全を期すること。

平成24年8月2日

在日米軍横田基地第374空輸航空団司令官
          マーク・R・オーガスト大佐 殿

               横田基地に関する東京都と周辺市町連絡協議会
   

2012年8月 1日 (水)

KC-135R KC-10A

アラスカから沖縄・嘉手納へ移動する F-22 ラプターに空中給油するために横田基地に集結したという、KC-135R 28日朝には7機いました。4機×2のラプターに空中給油したようです。KC-10Aも2機きて、にぎやかな横田基地でした。7月22日からいる嘉手納のKC-135R(ZZ 62-3561)と嘉手納所属になったのに“USAFE”のままの KC-135R(63-8019)はまだいます。調子わるいのかな?

Kc135r120731g900

Kc135r120731g936

Kc10a120729g820

今回来ていたKC-135Rは1958~1963会計年度発注のもので50年くらい経つ古い物ばかり、でした。同じ頃来ていたC-17A(AMC McCHORD 10-0217)は2010年発注、ですから、多分昨年納入されたばかりの「新車」みたいなもので、機体もきれいで、音も気のせいかちょっと違うような気がしました。

C17a120729g850

順序がばらばらになりましたが、8月1日、横田基地滑走路上をパスした 航空自衛隊・入間基地・航空総隊司令部飛行隊のT-4(76-5757)です。

T41220801537

7月31日、National Air Cargo

National Air Cargo は横田基地へ3回目の飛来です。

Nac120731g961

Nac120731g970

31日に離陸した WORLD(N742WA) いつもの機体です。

Wa120731g919 

8月1日 EA18G Growler

米海軍の最新鋭電子戦機 EA-18G グラウラー(うなる者)が初めて横田基地に飛来しました。三沢基地に一時的に配備されているもので、14時10分に着陸、15時41分に離陸し三沢に帰っていったようです。

Ea18g120801g989

Ea18g120801g562

F/A-18F スーパーホーネットをベースに開発され、両翼端に丸いものが付いているのが特徴です。

Ea18g120801g569

アフターバーナーを焚き、真っ黒い煙を吐いて、離陸しました。

Ea18g120801g582   

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »