最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月28日 (木)

C-130H YJ訓練飛行

今日2月21日から行われている横田基地での「Readiness Week(レディネス ウィーク:即応準備週間)」の初日には横田基地常駐のC-130Hハーキュリーズ 6機の編隊飛行が行われました。Readiness Weekは3月1日までで、最終日はヘリコプターの編隊飛行が行われるとのことですが、Readiness Weekとは関係なしに、通常の飛行訓練がおこなわれているような気がします。
26日、16時30分ころ、C-130Hが4機並んで、いっせいに離陸、編隊飛行を行い、17時10分に4機ならんで、滑走路上空を通過しながら、パラシュート投下を行いました。
参加したのは先頭から順に (74-1659) (74-1674) (74-1785) (74-1666)でした。
2,3,4機目は右側のドアが開き、それぞれから1個ずつ荷物が投下されました。

C130h130226g627

よく見ると入り口に人が立っています。2番機です。

C130h130226p627

4番機の方は腰を低く構えているようです。

C130h130226g635

C130h130226g647

27日はほとんど飛ばなくて、28日は午後から訓練開始、3機が出ました。
(74-1685) (74-1674) (74-1666)で後の2機はコープ・ノースに参加した機体です。
編隊飛行ではなく、それぞれ、タッチアンドゴーや急旋回などを繰り返していました。

C130h130228g696

途中で離陸の向きを変えたりしました。

C130h130228g718

C130h130228g740

昼頃は、横田常駐のヘリコプターUH-1N、輸送機C-12J、そしてセスナも2機、訓練をしていましたが、夕方以降の訓練はありませんでした。
17時4分にNorth American(N764NA)が離陸しました。春が近づき、日も長くなって、シアトル行の出発が日没前に撮影できるようになりました。エンジンに夕日が映っています。

Na130228g031

Readiness Weekでヘリの編隊飛行

今日2月21日から行われている横田基地での「Readiness Week(レディネス ウィーク:即応準備週間)」についての追加情報
防衛省北関東防衛局から、周辺自治体へ追加の情報提供があったそうです。

1 演習日時 : 平成25年3月1日(金) (演習最終日)
             正午から午後2時頃の間

2 演習内容 : 横田基地所属ヘリコプターが編隊飛行を行う予定。

2013年2月25日 (月)

2月25日、夜遅くまで、C-130Hの訓練

横田基地常駐のC-130Hハーキュリーズが夜遅く(21時14分)まで、住宅地上空を低く旋回しながら、訓練をしていました。
訓練内容は、編隊飛行、タッチアンドゴー、急旋回などで、パラシュート投下も行われたようです。
急旋回は“Instruction”に“Radar Threat Event”としてあるもののようで、先日、中国の軍艦が日本の海上自衛隊の艦船に火器管制用レーダーを照射したことが問題になりましたが、横田基地では敵の地対空ミサイルのレーダー照射を受けた時の対応の訓練をしているものと思われます。
“Instruction”に定められた訓練のどれとどれが行われたかよくわかりませんが、半年ごとあるいは3ヶ月、毎月の必要訓練回数をクリアするためとか、アフガニスタンに出かける時期が近づいた時とか、訓練の回数が増える時がよくあります。
横田基地の空輸部隊は交替でアフガニスタンに出かけてるので、アルカイダなどの地対空ミサイルに対応した訓練を特に重点的に行っているような様子です。
17時すぎ、C-5Aの離陸を待たせておいて、4機編隊でパスした時のを先頭から順に載せます。

C130h130225g577

C130h130225g580

C130h130225g588

C130h130225g594

2月25日 C-5A Martinsburg

17時21分、ウエスト・バージニア空軍州兵のC-5Aギャラクシー(ANG 69-0022)が離陸しました。準備ができてから、C-17Aの着陸やC-130H(YJ)の編隊飛行で足止め、離陸が遅くなり、ちょうど夕日を浴びて、いつもと違う感じになりました。

C5a130225g512

C5a130225g523

2013年2月23日 (土)

2月23日、Southern N400SA KC-10A TRAVIS

10時58分、久しぶりにサザンらしい塗装のサザンが来ました。レジも N400SA とサザンらしいです。
グアム・アンダーセン空軍基地から来て、14時39分に韓国へ向かい離陸しました。

Sa130223g501

15時にKC-10A(TRAVIS 83-0078)が着陸しました。

Kc10a130223g528 

2013年2月22日 (金)

2月22日 KC-135 MACDILL

14時46分 KC-135 (AMC MACDILL 59-1471)が着陸しました。2月11日のMACDILLとは違う機番でした。

Kc135r130222g500

横田基地から見る丹沢、奥多摩

横田基地に飛行機を見に来てもヒマな時が多いと思いますが、ヒマつぶしに役立てばと
横田基地の北東側から見た、丹沢山塊や奥多摩の山々をカシミール3Dで画像にしました。

Yokotaviewsw

Yokotavieww

2013年2月21日 (木)

2月21日 KC-10A North American

機能に続いて今日も出動 KC-10A(TRAVIS 87-0119)
機首の後ろの西多摩衛生組合の煙突の後方に日の出山、その左の尖った山は、御岳山から大岳山に向かう途中にある奥の院です。垂直尾翼の右に雲取山、左に鷹ノ巣山が見えます。

Kc10a130221g429

編隊飛行の合間に離陸した North American (N764NA) シアトルに向かいました。

Na130221g487

Na130221g489

2月21日 C-130H x 6 編隊飛行

横田基地は今日2月21日から「Readiness Week(レディネス ウィーク:即応準備週間)」とのことで、予告通り、今日は編隊飛行が行われました。
参加したのは6機です。
先頭から順に(1669) (2065 374AW) (2132) (1660) (1666 36AS) (1674) です。
このうち、(1666 36AS)はグアムでの米日豪合同訓練に参加し、同じく訓練に参加し、ロタ島に緊急着陸した厚木基地のEA-18Gグラウラーの帰還支援を行って、帰ってきたばかりの隊長機です。(17日付ブログ参照)
予告では、「パラシュート降下等訓練の実施予定はない」としていましたが、パラシュート投下が行われました。

Form130221g332

Form130221g397

15時29分、6機で滑走路上を通過した時は、6機とも後部ドアを開けて、投下スタイル、2機から荷物が投下されました。

Form130221g440

16時15分、6機で通過だけ、17時9分に通過する時は先頭2機が、パラシュート訓練で、人が飛び出す、横のドアが開いていて、荷物が投下されました。

Form130221g304

Form130221g412

2013年2月19日 (火)

2月19日 C-130H The Last Frontier U-4

9時54分 アラスカ州空軍州兵のC-130H(89-1184) (The Last Frontier)が雪の中離陸しました。「最後の辺境」からすれば、雪など どーってことないか。

C130h130219g212

続いて、航空自衛隊・航空総隊司令部飛行隊のU-4(95-3254)が離陸しました。
昨日来てたのと、1番ちがいです。U-4は航空総隊司令部が横田基地に移駐して、「航空自衛隊横田基地」が出来てからよく来るようになりました。ビジネスジェット機ガルフストリームⅣに米空軍の要人輸送機に似せたカラーリングをほどこし、いかにも「偉い人を運んでます」という感じがします。先週来たハワイのC-37A ・・・こちらはガルフストリームⅤ・・・は太平洋空軍司令官(☆☆☆☆です)を運んできたようですが、自衛隊さんはどなたが乗ってきたのでしょうか。ちなみに、米空軍では、現役「☆☆☆☆」は13人ほどいるようですが、航空自衛隊では「☆☆☆☆」は航空幕僚長 一人だけです。

U4130219g223

2013年2月18日 (月)

2月18日 U-4 入間

10時3分 航空自衛隊・航空総隊司令部飛行隊のU-4(85-3253)が離陸しました。

U4130218g165

U4130218g170

毎週月曜日6時半頃出て行くATI DC-8が今日は出ませんでした。
U-4が出る前後、盛んにセスナがタッチアンドゴーをしていて、横田基地常駐のUH-1N(69-6645)も旋回とタッチアンドゴー訓練等をしていました。

Uh1n130318g185

2013年2月17日 (日)

横田C-130H ロタ島でEA-18Gの帰還支援

グアム・アンダーセン空軍基地の公式ウェブサイトを見ると、コープ・ノース2013に参加していた在日米海軍・厚木基地・VAQ-141のEA-18Gグラウラー(NF500)が、天候悪化でロタ島(グアムと訓練地テニアンの中間地点)にダイバート着陸した。ところが、ロタ島は、民間機の燃料しかないため、横田基地所属のC-130H(74-1666 36AS)が燃料給油トラックをロタ島に運び、給油して、やっと帰れるようになったとのことです。

ただし、アンダーセン空軍基地のサイトではダイバート着陸したのは“Navy F/A-18 Hornet”としていますが、写真を見るとEA-18Gグラウラーということが、わかります。
支援したC-130Hの機番は同サイトのこれまでの写真で判断しました。

また、支援に参加した部隊について、
the 374th Aircraft Maintenance Squadron and 36th Airlift Squadron, temporarily assigned here from Yokota Air Base, Japan, and the 36th Logistics Readiness Squadron and 734th Air Mobility Squadron
とあります。一時的に横田から派遣された、374AMXS(第374航空機整備隊)と36AS(第36空輸隊)、そしてアンダーセン空軍基地の36LRS(第36装備即応隊)と734AMS(第734航空機動隊)の参加となっていて、両基地の部隊が共同して、支援したようです。

なお、ロタ島(Rota Island)は、アメリカ合衆国内の自治領、北マリアナ諸島の島のひとつで、北のテニアン島(Tinian Island)と、南のグアム島(The Territory of Guam)のちょうど中間にあります。他のミクロネシアの島々と同じくマリンスポーツやスキューバ・ダイビングなど観光が主な産業で、日本人旅行者も多く訪れているようです。
同島は1914年から1945年まで日本が占領・支配していたので、当時の建物なども残っているようです。

2013年2月15日 (金)

Readiness Week

防衛省・北関東防衛局から周辺自治体へ「Readiness Week(レディネス ウィーク:即応準備週間)」を次の日時で実施するとの情報提供があったそうです。

1 演習日時 : 平成25年2月21日(木)から3月1日(金)
                  (2月23日(土)・2月24日(日)を除く)

2 概要 : 横田基地におけるあらゆる緊急事態への対応能力を図ることを目的としたもの。
        本期間中、各部隊単位で行う個別の演習等及び基地全体で行う2日間の
        EME(緊急管理演習)が実施される予定、また、1日間の航空機の編隊
        飛行が実施される予定。

3 EME : 2月26日(火)及び2月28日(木)に実施される予定。

4 演習に伴う航空機の運用
       ・2月21日に編隊飛行が実施される予定。
       ・静かな時間帯(午後10時から午前6時)における運用予定はない。
       ・パラシュート降下等訓練の実施予定はない。

5 PAS,GBS及び煙幕等の実施予定 :
       ・2月26日(火)午前7時45分頃、演習開始のPASが1回放送される予定。
       ・その他、GBS及び煙幕の使用予定はない。

6 特記事項 : ・本期間中、一部ゲートで入出の規制があり得る。
           ・横田防衛事務所から米軍に対し、日米合同委員会合意の遵守に
           努め、実施するよう口頭で申し入れた。
           ・演習等の予定については、諸事情により変更される 場合がある。

防衛施設周辺対策制度の見直し要請

2月14日、横田基地に関する東京都と周辺市町連絡協議会は防衛省に対し、以下の要請をしたそうです。

        防衛施設周辺対策制度の見直しについて(要請)
 横田基地が所在する周辺市町では、これまで、「防衛施設周辺の生活環境の整備等に関する法律」に基づく防衛施設周辺対策事業により、学校、学習等供用施設などの住民の利用に供するための公共施設を整備してまいりました。
 同法に基づく騒音防止工事の助成(3条2項)及び民生安定施設の防音助成(8条)については、短期間・短時間で行われる騒音調査結果が採択基準となっているため、騒音があるにもかかわらず、現行の制度では、助成が受けられない施設が多く発生しています。これにより、過去に防衛施設周辺対策事業として整備された施設の改修等であっても不採択になる場合があり、その結果、公共施設の水準を維持することが困難になっている現状があります。
 そこで、横田基地が首都圏の密集市街地に所在する実状を認識し、米軍の飛行実態や基地の運用形態、及び公共施設の利用時間帯を考慮し、現行の採択基準の見直しを行うよう要請したします。
 また、これらの事情を踏まえ、「防衛施設周辺の生活環境の整備等に関する法律」の本来の意義に則り、引き続き周辺住民の生活及び福祉の向上に寄与するために必要な予算を確保されるよう強く要請いたします。

平成25年2月14日
防衛大臣 小野寺 五典 殿

2013年2月14日 (木)

2月14日 T-4 KC-135R

11時11分 航空自衛隊・航空総隊司令部のT-4(96-5780)が離陸しました。

T41302114g098

14時34分 ハワイ州ヒッカム基地のKC-135R(HH 61-0302)が着陸しました。フライングブームの先端に海軍/海兵隊機支援用のドローグホースを付けています。厚木のF/A18が本国へ移動する関係でしょうか。

Kc135r130214g112

Kc135r130214g122 

2013年2月12日 (火)

2月12日 C-37A KC-135 KC-10

朝 7時26分にKC-10A(TRAVIS 83-0076)が離陸しました。

Kc10a130212g383

朝からいたハワイ州ヒッカム空軍基地・第15空輸航空団・第65空輸飛行隊の高官輸送機 C-37A(01-0065) 北朝鮮の核実験への対応?にしては、早すぎるし?

C37a130212g049

昨日来て、ターミナル前にいたアラバマ州空軍州兵の KC-135R(58-0004) 調子悪いのか今朝になって、南東の隅っこに移動しました。厚木のF/A-18を本国に連れて行くミッションに参加できずか?

Kc135r130212g403

I've come from Alabama, ・・・ I'm goin' to ?????
トラブル続きだけど・・・ Oh don't you cry for me,
原曲を知っている人どれくらいいるかな?

2013年2月11日 (月)

2月11日、KC-135 x 3 KC-10A x 2

朝はKC-135R (HH 62-3546) , KC-135T (MACDILL 60-0339) ,
KC-10A (TRAVIS 84-0191) , C-5B (TRAVIS 84-0062)がいて、
その後、KC-135R (ANG ALABAMA 58-0004) , KC-10A (TRAVIS 83-0076)
が来たようです。KCの出入りが多いのは、コープ・ノース2013(別項)の関係でしょうか。
今日は駐機中の写真だけになります。

Kc135r130211g014

Kc135r130211g015

Cope North 2013 続き

2月4日から15日まで、グアム・アンダーセン空軍基地やテニアン等で日米豪共同訓練が行われています。1978年からアメリカ空軍と、航空自衛隊の共同訓練として始まり、今回は米空軍から約1700人、航空自衛隊から430人の参加、今回2回目の参加となるオーストラリアは230名の参加だそうです。また、韓国軍は今年、オブザーバー参加となります。

オーストラリアから参加する航空機は 戦闘攻撃機F/A-18A が7機、空中警戒管制機E-7Aウェッジテール、多用途給油輸送機KC-30A、輸送機C-130(A97-441) 各1機だそうです。このうちE-7Aは2月5日から7日まで、横田基地に来ていました。

航空自衛隊からは、戦闘機F-15CJイーグル 戦闘機F-2A 輸送機、C-130Hハーキュリーズ(75-1074)、空中給油機KC-767、空中早期警戒機E-2Cホークアイが参加します。

アメリカ空軍は、アラスカ州イールソン空軍基地のアグレッサー部隊からF-16Cが10機ほど(ウェブの写真で見える範囲で、黒灰が5機、青灰が4機、緑茶が1機)参加し、「敵機」の役割をはたし、空中戦闘訓練を行うようです。
戦闘機F-15イーグル、戦闘機F-16ファイティングファルコン(2月8日に4機横田へ来て、9日10日と2機ずつ出て行った三沢のも参加したのか?)、輸送機C-130Hハーキュリーズ(横田からは、ウェブの写真で見える範囲で3機、74-1666, 74-1674, 74-1682)、空中警戒管制機E-3セントリー、さらに、 ベトナム戦争で悪名を轟かせた大型戦略爆撃機B-52Hストラトフォートレス、アラスカ・エルメンドルフ空軍基地から、C-17A(99-0170)
アメリカ海軍厚木基地から電子戦機EA-18Gグラウラー(ウェブの写真の範囲では4機 NF500 NF503 NF505 NF???)の参加です。

共同訓練の後半は「仮想敵機」に対する本格的な空中戦の訓練となるようです。

2013年2月 9日 (土)

Cope North 2013 kicks off

横田基地とグアム・アンダーセン空軍基地の公式ウェブサイトに「コープ・ノース2013」の記事がありました。2月4日から15日まで、グアム・アンダーセン空軍基地やテニアン等で日米豪共同訓練が行われています。米空軍から約1700人、航空自衛隊から430人の参加だそうです。アンダーセン空軍基地のサイトの写真では アラスカ州イールソン空軍基地(Eielson AFB・354th Fighter Wing ・18th Aggressor Squadron)のF-16Cアグレッサーが10機ほど並び、さらに、厚木の米海軍・第5空母航空団(CVW-5)・第141電子戦飛行隊(VAQ141)のEA-18Gグラウラーが4機ほど並んでいます。横田基地所属のC-130Hハーキュリーズが3機(74-1666 36AS) (74-1674) (74-1682)がいるのがわかりますが、何機参加しているかはわかりません。航空自衛隊・小牧基地・第1輸送航空隊・第401飛行隊のC-130H(75-1075)が参加しているようです。

訓練の最初の週は人道支援と災害救援に焦点を当てて行います。(以下引用)
the focus of the first week of the exercise will be humanitarian assistance and disaster relief operations on Guam and the nearby island of Tinian.

第2週はアラスカ州イールソン空軍基地のF-16Cアグレッサーを仮想敵機にみたてて、3カ国の部隊が、空中戦作戦?の訓練を行うようです。(以下引用)
The second week will consistent primarily of air combat operations consisting of the three nations flying 15 different airframes together against F-16Cs from the 18th Aggressor Squadron based at Eielson Air Force Base, Alaska.

Aggressor squadronアグレッサー部隊) 軍の演習・訓練において敵部隊をシミュレートする役割を持った専門部隊です
自軍のセオリーとは異なった戦術を理解・把握し、演習では仮想敵機として実演します。今回、部隊は中国軍の戦闘機の動きを模した実演をするのでしょうか。
米軍としては、日常的に中国軍の動きについて監視をしているので、中国軍艦船や軍用機の火器管制レーダーの周波数などはよく知っているはずです。

横田基地ではC-130Hが日常的にミサイルのレーダーの照射を受けた時の対応の訓練が行われています。

2013年2月 8日 (金)

2月8日 KC-10A McGUIRE

ニュージャージー州マクガイア空軍基地のKC-10A(85-0028)が離陸しました。

Kc10a130209g338

このところ、空中給油機KC-10A KC-135Rの出入りが多いですが、4日から15日まで、グアム島アンダーセン空軍基地を中心に行われる米日豪共同訓練(Cope North 2013)の関係かと思われます。これについては別項で書きますが、アンダーセン空軍基地の公式ウェブサイトの写真をみると米海軍・厚木基地VAQ141のEA-18Gグラウラー、アラスカ州・Eielson AFB・354th Fighter Wing ・18th Aggressor SquadronのF-16Cアグレッサーが写っており、これらへの空中給油を行っているようです。

なお、昼頃F-16が4機来たようですが、帰りは明日朝になるのでしょうか。

あとは、いつもの定期便の写真ですが、なにしろ「強い冬型」、風速10mほどの北風を受けての離陸で、いずれも早い上昇でした。

サザンN743WAは横田から、韓国の烏山空軍基地へ行き、その後ホノルル国際空港へ向かったようです。垂直尾翼の右側もなんか塗りつぶしたあとが気になります。

Wa130209g332

オムニは例の通り、シアトルから来て、沖縄へ向かい、予定通りだと明日また、横田によって、シアトルへ向かうのでしょう。

Omni130209g365

2013年2月 4日 (月)

2月4日 KC-10A KC-135R N743WA

朝10時03分にKC-10A(TRAVIS 87-0123)が着陸しました。

Kc10a130204g815

14時30分頃、KC-135R(AMC McCONNELL 57-1502)が来たようです。着陸にはたちあえませんでした。

Kc135r130204g836

15時27分 沖縄・嘉手納基地のKC-135R(ZZ 63-8017)が離陸しました。
フライングブームの先端にドローグがついていて、海軍/海兵隊支援用となっています。
このところKC-135Rの飛来が多いのは、在日米海兵隊岩国基地(MCAS IWAKUNI)のF/A-18ホーネットやEA-6Bプラウラーの支援のためのようです。

Kc135r130204g823

16時23分に離陸したサザンエアN743WA、光の向きで、以前のワールドエア時代のマークを塗りつぶした後がよくわかります。

Wa130204g320

以前、基地の近くで会った方に「こんなにたくさん、チャーター機が来て、何を運んでいるんですが」と聞かれたことがあります。「飲み物・食品・雑貨など生活物資でしょう」と答えておきました。
横田基地の人口は福生市発行の「福生市と横田基地」(平成23年3月版)では平成23年1月現在で
軍人・軍属   約 4,200名
家    族   約 4,100名
日本人従業員 約 2,000名
となっています。
横田基地内には、スーパーマーケット、雑貨屋などがあり、基地内は「日本」ではないので、免税で品物も安いそうです。その関係のブログをのぞいてみると、缶コーラが6本で90円だとか! 外国に派遣されているので、優遇されているのか、たいていのものは、本国で買い物するよりも安いとか!
基地内のスーパーマーケットなどはIDカードが必要で、日本人従業員はダメということになっているようです。東京都の統計を調べたら、多摩地域に住むアメリカ人(もちろん、基地の外に)は約3000人ほどいて、そのうち、どれくらいが、軍人・軍属・家族なのかわかりませんが、退役軍人も住んでいて、給料や年金は「ドル」なので、特に現在の「円高」もあり、横田基地まで出かけて「まとめ買い」しているようです。
そんな訳で1万人ぶんの生活物資を運ぶために、中古のジャンボジェット機2機(時には、増便も)がフル稼働しています。
最近定期運行しているのは、ワールドN742WA サザンN743WAです。
N743WA はカリフォルニア州トラビス空軍基地をスタートして、ハワイ、グアム、横田、韓国・烏山、沖縄・嘉手納 など周り、グアム又はハワイを経由してトラビス空軍基地に戻っているようです。
N742WAは上のルートにアラスカ・アンカレッジが加わります。
いずれも、太平洋空軍の受け持ち区域である。太平洋の北側を1周し、各基地に物資を届けてるのでしょう。

その他、人を運ぶ、チャーター機の定期便として、オムニ、と ノース・アメリカンがあり、シンガポールを経由して、インド洋の真ん中、サンゴの環礁に出来た基地、ディエゴガルシャまでの週2回便ATIがあります。

それ以外のチャーター機が来た時は要注意、「作戦」に参加する兵隊の送迎とかその関係の「ヤバいモノ」を運んだりすることもあるようです。

2013年2月 3日 (日)

2月3日 KC-135R x 3 KC-10A x 2

朝いたKC-135R 2機(AFRC 58-0075) (HH 62-3546) KC-10A 2機(TRAVIS 86-0029) (87-0117)が午前中に離陸、15時に在日米空軍嘉手納基地・909ARS隊長機のKC-135Rが来ました。最初は午前7時2分離陸しました。滑走路は陽がさしてないのに、飛行機には朝日があたるという予測の難しい条件で、待っている場所も間違えて、出来はいまいちでした。

Kc135r130203g308

あとのKCの離着陸には立ち会えず・・・でした。最後のZZの駐機写真を載せます。

Kc135r130203g800

2013年2月 2日 (土)

南西アジアへの展開から帰還

1月29日アップされた“NEWS”からの引用です。
Yokota welcomes home deployers・・・Posted 1/29/2013
日本人は「アップロード」といってますが、米軍の公式ウェブサイトでは“Posted”ですね。
興味ある方は、そちらをご覧下さい。

4ヶ月間の南西アジアへの展開(deployed for four months to Southwest Asia・・・多分、アフガニスタン)から横田基地に帰ってきた兵士たちを、家族が待ち受けていて、ハグしたり、キスしたり、また、上司が握手をしている写真が出ていました。出迎えている人々は写真に写っているだけで、80人くらいです。帰ってきた航空機として横田基地常駐のC-130Hハーキュリーズ(YJ 74-1685)の写真が出ていました。それ以外にも、9月から、姿を見なくなったC-130H(YJ)があと、2機いますが、アフガンに出かけたのは何機だったのでしょう。知ってる方は教えて下さい。

展開していた部隊は、36AS(36th Airlift Squadron 第36空輸中隊) 374AMXS(374th Aircraft Maintenance Squadron 第374航空機整備中隊)のようです。

出かける時の記事では“several months

”となっていて、帰った時は、だいたい“four months”となっています。

2月2日 KC-135R KC-10A

13時13分 昨日来た KC-10A(TRAVIS 83-0080)が離陸しました。

Kc10a130202g386

15時03分 ハワイのKC-135R(HH 62-3546)が着陸しました。

Kc135r130202g288

Kc135r130202g301

2013年2月 1日 (金)

2月1日 C-130H 編隊・パラシュート訓練

横田基地所属のC-130H が2機編隊飛行でパラシュート投下をおこないました。
1機目は(74-1669) 2機目は(74-1663)です。テキサスから横田へ移籍した内、“YJ”への書き換えが一番遅かった2機がいっしょに飛んでいました。以前の写真も載せます。

Para130201g723

C130h130201g710

C130h130201g716

C130h120911g399

C130h120508g215 

2月1日 ATI KC-10A

10時42分 ATI(N721CX)が離陸しました。引退の噂があったのですが、いつもどおり、定期便を運行しています。

Ati130201g247

午前中はいつもの金曜日という感じで、午前中に着陸した ワールドN740WA サザンN743WA オムニN396AX がならんでいました。2月になってバカ陽気で陽炎が出て、撮影位置からレジはほとんど読み取れません。

Wa130201g731

夕方は15時09分にKC-10A(TRAVIS 83-0080)が着陸しました。

Kc10a130201g265

Kc10a130201g275

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »