最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 横田基地での演習と平成26年演習計画 | トップページ | 3月4日 KC-135 Wisconsin , KC-10A »

2014年3月 1日 (土)

2月28日 CH-53E 2機通過

28日午後、群馬県相馬原演習場で行われた日米合同演習に参加したと思われる米軍の大型ヘリコプター CH-53E スーパースタリオン 2機が12時30分頃 横田基地近くを通過し、群馬方面へ向かい、15時50分、群馬方面から横須賀方面へ向かうのが目撃されました。

Ch53e140228g808

相馬原演習場での訓練はヘリボン訓練といい、部隊を適地に侵入・奇襲させ制圧する訓練です。

CH-53Eは強襲用の大型ヘリコプターで、佐世保基地に配備されている強襲揚陸艦「ボノム・リシャール」などに搭載されます。
在日米海兵隊普天間基地に、米本土から1個飛行隊が6ヶ月のローテーション配備で派遣されています。

« 横田基地での演習と平成26年演習計画 | トップページ | 3月4日 KC-135 Wisconsin , KC-10A »

住宅地上空」カテゴリの記事

コメント

2月28日午後3時48分、CH-53が2機日高市武蔵台上空通過を目撃しました。日ごろ見るヘリコプターよりも横に張り出した部分が大きいのが特徴です。
CH-53の爆音は日ごろ通過しているC-130よりも低周波成分が強く、音のレベルが高かったのが特徴です。
2月28日は群馬県相馬原で日米の合同演習があり、CH-53が2機参加したという新聞報道がありました。ウエブでCH-53の画像を検索したところ、特徴が目撃したヘリと似ていました。このHPで写真を見て再確認しました。
オスプレイ導入に向けた訓練の一環でしょうか?

新聞報道によると 「当初は垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの参加も計画されたが、米軍側の運用上の理由で見送られた。」(産経新聞) とのことです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2月28日 CH-53E 2機通過:

« 横田基地での演習と平成26年演習計画 | トップページ | 3月4日 KC-135 Wisconsin , KC-10A »