« 1月23日 C-17A OHIO , MISSISSIPPI | トップページ | 1月22日 橫田空軍兵士がキャンプ富士でサバイバル訓練 »

2015年1月26日 (月)

1月24日~30日 バングラデシュでの合同演習

橫田基地公式ウェブサイトによると、

1月24日から30日まで、バングラデシュ・バンガバンドゥの空軍基地で米空軍とバングラデシュ空軍の2国合同戦術空輸演習“COPE SOUTH 15”が太平洋空軍の主催で行われる。

米空軍は約80名の空軍兵士と3機のC-130H Hercules が在日米軍橫田基地・第374空輸航空団・第36空輸中隊から参加し、バングラデシュ空軍は約200名の兵士と1機のC-130 航空機が参加する。

とのことです。以下、公式ウェブサイトからの引用です。

U.S. Air Force and Bangladesh air force personnel will participate in exercise COPE SOUTH 15, a Pacific Air Forces-sponsored, bilateral tactical airlift exercise, at BAF Base Bangabandhu, Bangladesh, Jan. 24 through 30.

Approximately 80 U.S. Airmen, along with three U.S. Air Force C-130H Hercules aircraft from the 36th Airlift Squadron, 374th Airlift Wing, Yokota Air Base, Japan, will join approximately 200 Bangladesh air force airmen and one Bangladeshi C-130 aircraft for the exercise.

CS15 participants will exchange airlift, air-land and airdrop delivery tactics, techniques and procedures, as well as develop and expand combined airlift capabilities.

Also, participants will conduct cooperative flight operations, to include aircraft generation and recovery, day and night low-level navigation, tactical airdrop and air-land missions, as well as conduct subject-matter expert exchanges in the operations, maintenances and rigging disciplines.

We appreciate the strength of the USAF-BAF relationship and continue to seek additional engagements opportunities, particularly in areas of humanitarian assistance and disaster relief, aviation safety, airlift and aviation maintenance and logistics.

« 1月23日 C-17A OHIO , MISSISSIPPI | トップページ | 1月22日 橫田空軍兵士がキャンプ富士でサバイバル訓練 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1月24日~30日 バングラデシュでの合同演習:

« 1月23日 C-17A OHIO , MISSISSIPPI | トップページ | 1月22日 橫田空軍兵士がキャンプ富士でサバイバル訓練 »