« 2月8日 C-5B Patriot Wing | トップページ | 2月11日 C-5M Dover »

2015年2月10日 (火)

1月29日、橫田基地459ASと陸自との合同訓練

2月5日にアップされた橫田基地公式ウェブサイトによると、
1月29日、橫田基地の第374空輸航空団 第459空輸飛行隊(374AW/459AS)のヘリコプター部門と陸上自衛隊・立川基地・東部方面航空隊との合同訓練が行われたそうです。
将来、必要とされる時に備えて、編隊飛行などが円滑に行えるように、操縦テクニックの異なる部分を、同じようにするためのもの。陸上自衛隊員が橫田基地のUH-1Nに乗り込み、富士山の近く、(写真で見ると御殿場市上空)まで出かけて訓練を行ったようです。

U.S., JGSDF helicopter crews get on the same page

« 2月8日 C-5B Patriot Wing | トップページ | 2月11日 C-5M Dover »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

古い情報、質問にて恐縮です。
この記事にあるとおり、1月29日に横田の米UH1が立川基地に飛来し、隊員をピックアップ、冨士演習場へ、ということがあったようです。

元の英文だと、東立川駐屯地、となってますが、これは立川駐屯地のヘリ乗りをピックアップしたと考えています。

そこで質問なんですが、米軍記事のなかで、立川駐屯地を東立川駐屯地と間違えるようなことはよくあることなのでしょうか?

立川基地は、砂川闘争で米軍撤退以降、航空祭などを除いて米軍機離発着は初めてのことで衝撃を受けているのですが・・・

横田基地の公式Website を念入りにチェックしてはいないので、間違えることがよくあるかどうかということはわかりません。
ただし、一例ですが、空中衝突防止会議参加者向け資料を見るとかなり古い写真が掲載されていたりするので、記事を書いた人が古い資料、あるいは間違った資料を参照していることなどは考えられます。

ありがとうございます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1月29日、橫田基地459ASと陸自との合同訓練:

« 2月8日 C-5B Patriot Wing | トップページ | 2月11日 C-5M Dover »