最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 12月15日 オスプレイの不時着水について要請 | トップページ | 12月15日 UH-60J , MH-60R , KC-30A »

2016年12月15日 (木)

MV22オスプレイの不時着水及び防衛省・自衛隊の対応について(その3)

防衛省(北関東防衛局)から、平成28年12月15日付け、 「MV-22オスプレイの不時着水事案について」として情報提供があったそうです。
 本件に関しては、昨日の情報提供と内容が重複する部分もあります。
 なお、本情報については、防衛省ホームページヘの掲載予定はない、とのことです。
  MV-22オスプレイの不時着水事案について
1.事案概要
 (1) 平成28年12月13日(火) 21時30分頃、沖縄県名護市東海岸の約1km
    沖合で米海兵隊普天間基地所属のMV-22オスプレイ1機が不時着水。
   (2)  事故原因は米軍において鯛査中。
 (3)搭乗員5名は無事(うち2人は怪我しているものの意職ははっきりしている)。
2, 事故当時の状況(在日米軍司令部及び在沖米海兵隊からの情報)
  (1) 不時着水したMV-22オスプレイは、沖縄東方の海上(約30km沖合)で、
    米空中給油機KC-130からの空中給油訓練を実施中、プロペラが給油ホース
    を切断したことにより、プロペラのブレード(羽)が損傷し飛行が不安定になっ
    た。
  (2)パイロットの判断により、訓練地点から距離が近いキャンプ・シュワブを目的
    地として飛行する中で、地元への影響を極小化するため海岸沿いを飛行していた
    が、途中、辿り着けないと分かったため、パイロットが意図した地点である浅瀬
    に着水した。
   (3)事故の原因が機体そのものの問題である可能性は極めて低い。
  (4) MV-22オスプレイについては、安全が確認されるまで飛行を一時停止して
     いる。
3.事案への対応
(1) 防衛省・自衛隊の対応
     ① 活動部隊 空自 那覇救難隊(那覇)
     ② 活動規模 航空機 2機
     ③ 主な対応状況
   【12月13日(火)】 
     22時28分 防衛大臣指示
             ① 情報収集を徹底し、状況の把握に努めること。
         ②  人命救助に万全を期すこと。
                  ③ 地元への説明など、対応を確実にすること。
         23時O5分 那覇救難隊のU-125x1機が捜索活動のため基地を離陸。
     23時17分 那覇救難隊のUH-60x1機が捜索活動のため基地を離陸。
         ※要救助者は米軍機により収容。
      【12月14日(水)】
       0時頃~1時頃 沖縄防衛局長がコンウエイ在沖米海兵隊政務外交部長に面談
            し、事故に係る原因究明・情報提供、安全が確認されるまでの
            飛行停止について申し入れ。
       2時20分~50分 防衛大臣がマルチネス在日米軍司令官へ電話し、事故に
            係る原因究明・情報提供、安全が確認されるまでの飛行停止に
            ついて申し入れ。
       10時20分~40分 沖縄防衛局長がニコルソン在日米軍沖縄地域調整官
               と面談。
       10時42分~11時23分 防衛大臣がマルチネス在日米軍司令官と電話
              会談
                          (米側に「2」の情報を確認〉。
        【12月15日(木)~16日(金)】
             今般の事案を踏まえ、若宮防衛副大臣及び滝沢外務大臣政務官が沖縄県副知
            事、関係自治体の首長等と面験するため訪沖予定。
  (2) 米軍の対応
    【12月14日(水) 15時~】
   ◎ニコルソン在日米軍沖縄地域調整官が記者会見し、事故原因等について説明
       ※事故状況以外の主な発言は以下のとおり。
     ・ パイロットがとった咄瑳の判断|こより、県民や搭乗員を含む多くの人命が救
       われた。
     ・ 海上保安庁や沖縄県警による支援に大変感謝。
     ・ 本件が起きたことは遺憾であり大変残念。遺憾という言葉に謝罪も含まれて
    いる。
4. 関係自治体への対応
(1) 12月13日(火)の深夜から14日(水)の未明にかけて、事案発生の第1
  報について、沖縄県内の25関係自治体等に電話及びFAXで情報提供
  ※沖縄県、沖縄市、嘉手納町、北谷町、航谷村、うるま市一宜野湾市、浦添市、那覇市、
   北中城村、名題市、東村、国頤村、本部町、伊江村、宜野座村、恩納村、金武町、
   久米島町、渡名喜村、北大東村
(2) また、本土関係自治体についても、オスプレイが飛来する際に情報提供を行っ
  ている約160関係自治体等に電話及びFAX等で情報提供
     → 関係自治体からは、事故原因の究明、安全の確保ができるまでの飛行停止等に
    ついて要望あり。
 
5.その他米軍情報
    12月13日(火)、普天間飛行堀において、別のMV-22オスプレイが着陸時
    に着陸装置(脚部)に不具合が生じる事案が発生したが、これは、通常の安全な着
    陸だった。なお、本オスプレイは、不時着水したMV-22オスプレイとは関係な
    い。

« 12月15日 オスプレイの不時着水について要請 | トップページ | 12月15日 UH-60J , MH-60R , KC-30A »

行政からの情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545665/64630307

この記事へのトラックバック一覧です: MV22オスプレイの不時着水及び防衛省・自衛隊の対応について(その3):

« 12月15日 オスプレイの不時着水について要請 | トップページ | 12月15日 UH-60J , MH-60R , KC-30A »