最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 1月9日 UC-12F , KALITTA | トップページ | 1月9日 再びパラシュート落下 »

2019年1月 9日 (水)

1月9日 Paratroops

8時57分 横田基地所属の輸送機 C-130J (YJ 16-5843) が離陸し、RW36

9時12分に戻ってきて、RW18 6人が降下しました。
Para190109g851
この写真では5人ですが、もう一人はトラブルが発生(別ページ 行政からの情報参照)
先に降下しました。
Para190109g857
 
デプロイメントバッグ(これも 別ページ 行政からの情報参照)らしきものが強い北風に流され、南の方へ飛んでいきました。(行政からの情報では見つかっていないそうです。)
Para190109g861
 
落下して、南の方へ流されていくのが、撮影時はドローグシュートと思っていました。
 
※ドローグシュート(Drogue chute)という小型の傘は、メインパラシュート(主傘)の展開前の姿勢制御(姿勢が安定していないとメインパラシュートの索が絡まってうまく展開しないため)と、予備減速(高速時にいきなりメインパラシュートを開くと裂けて破損するため)と、メインパラシュートを収納部から引き出すために使われるものです。
下の写真でメインパラシュートの上部に写っています。
誘導傘とも呼ばれています。
Para190108m558
 
横田基地広報部は次のように発表しています。
「当該の予備パラシュートが畳みこまれていたナイロン生地のデプロイメントバッグ(予備パラシュートが展開するとともに離れるようにデザインされている)は風にさらわれた。
・現在、横田基地のチームが当該デプロイメントバッグを捜索している。
 
追加
調べてみると、デプロイメントバッグは予備パラシュートが展開すると 予備パラシュートから離れ、ドローグシュートにつながれたままで落下するようになっているようです。
 
強い北風で南の方へ流されたものはドローグシュートにつながれたデプロイメントバッグだったようです。観察していたところ、基地の南側に落下したように見えました。
 
正常な降下の場合、ドローグシュートはメインパラシュートの上に付いたまま降下しています。

« 1月9日 UC-12F , KALITTA | トップページ | 1月9日 再びパラシュート落下 »

基地周辺飛行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1月9日 Paratroops:

« 1月9日 UC-12F , KALITTA | トップページ | 1月9日 再びパラシュート落下 »