最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

日記・コラム・つぶやき

2016年12月28日 (水)

2016年飛来機ランキング

今年もあと3日ありますが(28日UP)、横田基地への軍用機飛来機ランキングです。これから来ても順位は変わらないと思います。・・・30日、31日、順位変更

29日 C-17A , C-5M , F/A-18D(3機) が飛来し、30日、31日離着陸があったので、一部訂正しました。
下位を少し書き足しました。

横田基地所属機 C-130H , C-12J ,  UH-1N 横田エアロクラブのCessna172
民間チャーター便 ATI , OMNI (どちらも週2便なので年間100回ほどになります)その他 Atlas , Kalitta 等は除きます。
 機種     回数     用途                所属
C-17A         242      大型輸送機              米空軍
C-5M/A/B   125     大型輸送機               米空軍
KC-135R/T   90     大型空中給油機            米空軍
KC-10A        79     大型空中給油機・輸送機       米空軍
UH-60L        50     主に要人送迎用ヘリコプター       米陸軍
F/A-18        41      戦闘攻撃機               米海軍・海兵隊
F-16            39     戦闘機                  米空軍
T-4             39      練習機・要人送迎                航空自衛隊
U-4             38      人員輸送機・要人送迎        航空自衛隊
C-40           30      人員輸送機               米空軍・海軍
MV-22B       23      強襲揚陸用ティルトローター機   米海兵隊
KC-130J      21      空中給油機・輸送機          米海兵隊・岩国
C-130         21      輸送機                   米空軍・空自
C-12           21      軽輸送機                 米陸軍
MC-130J     18      特殊戦機・空中給油機         米空軍
MH-60R      18       輸送・救難・特殊作戦用ヘリコプター  米海軍
UC-35D      18       軽輸送機                 米海兵隊
HC-130H     16      沿岸警備                 米沿岸警備隊
UC-12F       16      軽輸送機                 米海軍
C-146A       15      特殊戦機                 米空軍
C-37          15      高官輸送機                米空軍・海軍・陸軍・沿岸警備隊
F-22A         14      ステルス戦闘機             米空軍
UC-35A       14      軽輸送機                 米陸軍
P-8A           12      対潜哨戒機                米海軍
EA-18G       12     電子戦戦闘攻撃機           米海軍
CH-53E       12     強襲用大型ヘリコプター        米海兵隊
C-32           11     高官輸送機               米空軍
UC-12W      11     軽輸送機                 米海兵隊
OC-135B     10     OPEN SKIES 査察機          米空軍
C-20           10     人員輸送機               米海兵隊・海軍・陸軍

2016年7月11日 (月)

7月11日 アオサギがネズミを一飲み

7月6日にアオサギがネズミを捕らえて一飲みするところが、或るブログに出ていましたが、

味をしめたのか、今日もやってました。
Aosagi160711g673
 
Aosagi160711g679
 
Aosagi160711g680
 
もっと食べようと思ったのか、忍び足で歩いていましたが、近くの周回道路を散歩する人が近づいたので、西側へ飛び去りました。

2016年5月10日 (火)

5月10日 演習?

10時54分 横田基地所属の C-12J(86-0078) が着陸後滑走路の中央あたりで停止し、化学消防車、救急車、消防司令車?が来て、消防士が駆け寄ってきました。

C12j160510g546
 
その後、同機はエンジンを停止し、トーイングカーでけん引されていきました。
C12j160510g555
 

4月28日、防衛省(北関東防衛局)から、周辺自治体へ情報提供があった
「災害時における人道支援の要請等に対する対応力の訓練」59日から513日)
がこれなのかわかりませんが、本当にエマージェンシーの場合はもっとたくさん消防車も来るので、訓練ではあったようです。

ちなみに、この機材 C-12J(86-0078) は「患者輸送機能」(飛行中、機内で点滴、手術などできる)を保有しているようで、頻繁に患者輸送訓練をしています。

2016年3月 9日 (水)

3月9日 キツネとカラス

8時頃、航空自衛隊のU-4の離陸を待っていたら、目の前の誘導路(Foxtrot Taxilane)の近くをキツネが駆け抜け、カラスがちょっかいを出そうと少し追いかけましたが、すぐにひきかえしました。

Fox160309h368
 
 
Fox160309h369
 
Fox160309h371
 
 
Fox160309h372
 
カラスは航空管制の表現では Left Turn Heading 360 と急旋回して引き返しました。

2015年9月24日 (木)

友好祭でのパラシュート降下はグリーンベレー

横田基地 Official Website によると、19日、20日にパラシュート降下のデモストレーションで降下した部隊は沖縄・トリイステーションのアメリカ陸軍特殊作戦コマンド特殊部隊群(通称:グリーンベレー)の第1特殊部隊グループ第1大隊だったそうです。

 
 A Soldier with the 1st Battalion, 1st Special Operations Group (Airborne), jumps from a C-130 Hercules during the 2015 Japanese-American Friendship Festival at Yokota Air Base, Japan, Sept. 20, 2015. The jumpers showcased Yokota's airdrop capability to a crowd of tens of thousands; more than 185,000 people attended the two-day festival.
 
以下は会場で撮影した写真です。
Para150920g118
 
Para150920g132

2015年9月20日 (日)

9月19日 友好祭 セスナ

横田基地周辺を連日(特に土・日)よく飛んでいる Yokota Aero Club の軽飛行機 Cessna 172 Sky Hawk は4機ありますが、今回は前日に模様替えしたばかりの2機が展示されていました。

 
Cessna150919g405
N4972R
 
Cessna150919g403
N22905
 
前に立っていた スラリとして日本語がたいへん上手(日本人以上!)な方が説明してくれました。
後2機 (N1840V) (N5241F) も近々模様替えするそうです。
以前、レジスターナンバーと青いラインだった頃はペイントで、古くなると塗装を全部剥がして塗り替えなければならず大変だった。最近はシートを貼っており、そうすると下のペイントも長持ちするとのことです。
軍用機の左前方に時々見かける「ノーズアート」も最近はシートになっているようです。

2015年5月30日 (土)

オスプレイの横田飛行場での飛行は

防衛省(外務省?)が出した「CV-22オスプレイについて」という説明資料を見ました。

その11ページに
【質問】配備先となる横田飛行場周辺では、どのような運用・訓練をするのですか。
の答えとして、
● 横田飛行場周辺の上空で行われる訓練は、通常の離着陸訓練などの操縦訓練が
 大半となります。

● 緊急対処時の手順の確認のための訓練など、一定の操縦訓練はシミュレータにより
 実施されます。

● 横田飛行場における既存の飛行経路を飛行します。
   ※転換モードの場合には回転翼機の飛行経路を、
    固定翼モードの場合には固定翼機の飛行経路を、それぞれ飛行します。

● 訓練や運用に際しては、騒音規制措置を含む既存のすべての日米合意が遵守され
  ます。

と書かれていて、「横田飛行場における既存の飛行経路」というイラストがあります。
これが「不鮮明なのでわかりやすいものが欲しい」との要望がありましたので、イラストを作ってみました。

Yokotahikokeiro

元のイラストから少しズレがあるかもしれませんが、元のイラストの但し書きに

※ 気象条件や安全上の理由などにより、必ずこの飛行経路を飛行しているというものではありません。

とありますので、一応の参考にということです。
日常の訓練を目視していると、頻繁にこの経路を外れて飛行しています。

2015年5月25日 (月)

5月25日 Memorial Day

5月の最終月曜日は米国では“Memorial Day”(戦没将兵追悼記念日)となっていて今年は5月25日です。

Memorial Day (戦没将兵追悼記念日)

米国政府が定めた祝日で、5月の最終月曜日となっています。戦没将兵記念日、戦没者追悼記念日などともいわれ、兵役中に亡くなった米国の男女を追悼する日となっています。
最初はデコレーション・デー(Decoration Day)といい、南北戦争で亡くなった北軍兵士を称え、兵士の墓を月桂樹と花で飾る日として始められ、第一次世界大戦の後、あらゆる戦争、軍事行動で亡くなった米国の兵士を含むように拡大されました。

多くの人々はこの祝日に墓地や記念碑を訪れ、地方時間の夜明けから正午まで星条旗の半旗を掲げたり、ボランティアが国立墓地にあるそれぞれの兵士の墓の上に星条旗を置いたりしています。

もともとは、5月30日だったのを5月の最終月曜日としたので、多くの国民が3連休として、家族で集まり、行楽やスポーツイベントを楽しむ日ともなっているようです。

2013年2月22日 (金)

横田基地から見る丹沢、奥多摩

横田基地に飛行機を見に来てもヒマな時が多いと思いますが、ヒマつぶしに役立てばと
横田基地の北東側から見た、丹沢山塊や奥多摩の山々をカシミール3Dで画像にしました。

Yokotaviewsw

Yokotavieww

2013年2月17日 (日)

横田C-130H ロタ島でEA-18Gの帰還支援

グアム・アンダーセン空軍基地の公式ウェブサイトを見ると、コープ・ノース2013に参加していた在日米海軍・厚木基地・VAQ-141のEA-18Gグラウラー(NF500)が、天候悪化でロタ島(グアムと訓練地テニアンの中間地点)にダイバート着陸した。ところが、ロタ島は、民間機の燃料しかないため、横田基地所属のC-130H(74-1666 36AS)が燃料給油トラックをロタ島に運び、給油して、やっと帰れるようになったとのことです。

ただし、アンダーセン空軍基地のサイトではダイバート着陸したのは“Navy F/A-18 Hornet”としていますが、写真を見るとEA-18Gグラウラーということが、わかります。
支援したC-130Hの機番は同サイトのこれまでの写真で判断しました。

また、支援に参加した部隊について、
the 374th Aircraft Maintenance Squadron and 36th Airlift Squadron, temporarily assigned here from Yokota Air Base, Japan, and the 36th Logistics Readiness Squadron and 734th Air Mobility Squadron
とあります。一時的に横田から派遣された、374AMXS(第374航空機整備隊)と36AS(第36空輸隊)、そしてアンダーセン空軍基地の36LRS(第36装備即応隊)と734AMS(第734航空機動隊)の参加となっていて、両基地の部隊が共同して、支援したようです。

なお、ロタ島(Rota Island)は、アメリカ合衆国内の自治領、北マリアナ諸島の島のひとつで、北のテニアン島(Tinian Island)と、南のグアム島(The Territory of Guam)のちょうど中間にあります。他のミクロネシアの島々と同じくマリンスポーツやスキューバ・ダイビングなど観光が主な産業で、日本人旅行者も多く訪れているようです。
同島は1914年から1945年まで日本が占領・支配していたので、当時の建物なども残っているようです。