最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

行政からの情報

2017年11月20日 (月)

物料投下訓練中の事故について(その2)

横田基地における物料投下訓練中の事故について、防衛省(北関東防衛局)から周辺自治体へ情報提供があったそうです。

 

【情報提供内容】

 横田基地広報部から本件事故の調査結果、再発防止策及び物料投下訓練の再開等について説明がありましたので、次のとおりお知らせします。

 横田基地における物料投下訓練の再開について

1 115日に横田基地において発生した物料投下訓練中の事故について、本日(1 1 20日)までに米側から下記のとおり説明がありましたのでお知らせいたします。

○本件についての調査を行った結果、平成291 115日午前954分頃、C -130J (3機)が物料投下訓練を実施中、そのうちの1機から投下した約30k gの貨物(ペニヤ板の合板の箱で中身は緩衝材)がパラシュートから外れて滑走路中央付近に落下し、滑走路上に軽微な亀裂が生じたことが判明した。

○本件についての原因究明を行った結果、担当者の人為的ミスによりパラシュートと貨物を連結するロープが適切に結ばれていなかったため今回の事故が発生したことが判明した。

○再発防止策として、同訓練を行った担当者に対して技能トレーニングを実施し、基本的な手順を再確認させる教育を行うとともに、事故原因を部隊内で共有した。

○本日中(1 120日)に再発防止策を講じた後、明日(1 121日)以降、横 田基地における物料投下訓練を再開する。

○本件により、地元の皆様にご不安を与えたことについて十分認識しており、今後は、安全確保と再発防止に万全を期して訓練を行う。

 

 当局としては、本件について米側において合理的な措置がとられていると判断されることから、明日(1 121日)以降、物料投下訓練が再開されることは理解できるものと考えます。なお、本日(1 120)、当局企画部長から横田基地第374空輸航空団司令官に対し、今後の物料投下訓練の実施に当たっては、本件の再発防止策を確実に実施し、安全な訓練の実施に努めるよう要請しました。

2017年11月17日 (金)

11月15日 物料投下中の事故

横田基地における物料投下訓練中の事故について、防衛省(北関東防衛局)から周辺自治体へ情報提供があったそうです。

【情報提供内容】

横田基地広報部から情報提供がありましたので、お知らせします。なお、本件の発生を受けて、

1116日、北関東防衛局企画部長から在日米軍横田基地第374空輸航空団司令官に原因究明及

び再発防止に努め、引き続き、本件に関する情報提供を行うよう要請しました。

 

1115日、午前954分頃、横田基地において、C-130J航空機3機による飛行訓練を

行っていたところ、貨物の一つがパラシュートから外れて基地の地面に落ちました。なお、落下場

所は、滑走路中央付近です。再発防止の為に、現在事故の調査を行っております。周辺住民の皆さ

んと我々空兵の安全は最優先ですので、今後、このような物料投下訓練は、問題が解決した上で行

います。」

 

【要請】

横田基地周辺市町基地対策連絡会では、本日、次のとおり口頭要請を行いました。

要請日 : 平成291117

要請先 : 在日米軍横田基地第374空輸航空団司令官、

北関東防衛局長、横田防衛事務所長

要請内容:

平成291116日、防衛省北関東防衛局を通じて、 『平成291115日、横田基地にお

いて、C-130J航空機3機による飛行訓練を行っていたところ、貨物の一つがパラシュート

から外れて基地の地面に落ちた」との情報が基地周辺自治体に提供された。

本件は、住民から地元自治体に寄せられた情報を基に、地元自治体から防衛省北関東防衛局に

照会し、判明したものである。

今年度には、航空機の部品遺失なども続いており、これらは人命に関わる重大な事故につなが

りかねず、多くの住民に不安を与えるものである。

今回の事故の発生と情報提供の遅延は、遺憾であり、貴職においてはこのような状況を十分に

認識され、下記のとおり対応するよう要請する。 (※)

要請事項:

1 事故の経緯を明らかにするとともに、原因究明と再発防止を図ること。

2 訓練時における安全対策の徹底を図ること。

3 以上に関する情報を関係自治体に速やかに提供すること。

※国に対しては、 「貴職においてはこのような状況を十分認識され、次のとおり米軍に申し入れ

を行うよう要請する。 」と要請。

2017年10月27日 (金)

グローバルホークが撤収

米空軍グローバルホークの横田飛行場への一時展開について(撤収・その2)

防衛省(北関東防衛局)から周辺自治体へ情報提供があったそうです。

 本件は、平成29 10 20 日にお知らせした情報に関する追加情報となります。

 【情報提供内容】

 本年5月1日から横田飛行場に一時展開している米空軍無人偵察機グローバルホ

ーク5機については、米側から、10 26 日までにグアムヘ帰投した旨の情報があり

ました。

グローパルホークは10 21 日に2機、24 日、25 日及び26 日にそれぞれ1機ずつ、

グアムヘ帰投しました。(平成29 10 27 日)

※本件については、北関東防衛局のホームページに掲載される予定です

2017年10月21日 (土)

10月22日~27日 サムライ即応監査

横田基地における演習等の実施について、防衛省(北関東防衛局)から周辺自治体へ情報提供があったそうです。

 【情報提供内容】

実施内容及び日程等:

 ・ 内容:サムライ即応監査(S R I : Samurai Readiness Inspection

 有事における即応態勢の維持強化及び演習に対する監査

 ・ 日程:平成 29 10 22 日(日)~10 27 日(金)

 通常の運用時間帯(午前6時から午後 10 時まで)において実施する予定であるが、

 一部 24 時間体制で実施される予定。

実施に伴う航空機の運用:

 10 23 日(月)から 10 27 日(金)の間、通常の運用時間帯において、横田基地所属のC-130Jの運用が行われる可能性があるほか、

米軍の運用上の必要性から、10 26 日(木)午後 10 時から翌 27 日(金)午前6時の間に、同機(1機)の運用が予定されている。

PAS、GBS及び煙幕等の使用;

 10 23 日(月)から 10 27 日(金)の間、通常の運用時間帯において、基地内全域でのPAS 及び管理地区でのGBSの使用の予定がある。

 ・ 煙幕の使用予定はない。

特記事項:

 ・ 北関東防衛局から米軍に対し、演習等の実施に当たっては、日米合同委員会合意の遵守に努め、 周辺住民に与える影響を最小限にとどめるよう申し入れた。

 ・ 演習終了の通報を行う予定。

 ・ 演習等の予定については、諸事情により変更される場合がある。

 【要請】

 横田基地周辺市町基地対策連絡会から在日米軍横田基地第374空輸航空団司令官に対して、平成 29 10 20 日にロ頭要請を行いました。

 ・ 航空機の運用については、通常の運用時間帯以外には、極力実施しないこと。

 ・ 市街地上空での低空・旋回訓練は行わないこと、

 ・ PAS及びGBSの使用に当たっては、音量及び時間帯をはじめ、基地外に影響を及ぼさないよ う十分な配慮を行うこと。

 ・ 周辺住民の不安軽減のため、訓練情報の早期提供を徹底すること。

 【参考】

 ・S : Samurai Readiness lnspection (サムライ即応監査)

 OREを実施し、監査するもの。

 ※O : Operationa1 Readiness Exercise (運用即応演習)

 仮想戦闘環境における基地の機能テストであり、テロ攻撃や航空機又は地上戦闘力等による基地への攻撃を想定し、実践的な即応態勢をとることを訓練するもの。

 ・ PAS(Public Address System:パブリック・アドレス・システム。

 以前は、ジャイアントボイスと呼んでいたもので、大音響の出る特殊なスピーカを使用し、サイレンや広報を行う。

 ・ GBS(Ground Burst Simulator);グラウンド・パースト・シミュレーター

 地上爆発模擬装置。金属製の容器内で爆発物を破裂させ、爆発音を発生させる。

グローバルホーク 10月31日までに撤収

10月20日 防衛省(北関東防衛局)から周辺自治体へ「米空軍グローバルホークの横田飛行場への一時展開(撤収)について、情報提供があったそうです。

 【情報提供内容】

 本年5月1日から横田飛行場に一時展開している米空軍無人偵察機グローバルホ

 ーク5機については、米側から、10 23 日の週に撤収を開始し、10 31 日までに

 完了する予定である旨の情報がありました。

 ※スケジュールは、天候等の影響により変更される可能性があります。

 ※本件については、北関東防衛局のホームページに掲載される予定です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

yokotajohoからのお知らせです。

10月20日 23時52分 RQ-4B(GF) が離陸しました。

10月21日 3時45分 RQ-4B(BB) が離陸しました。

2017年10月20日 (金)

11月2日 オスプレイ4機が富士演習場で訓練

防衛省南関東防衛局の公式ウェブサイトに以下の「お知らせ」がありました。

東富士演習場へのMV-22オスプレイの飛来情報について

平成29年10月19日

 本日、米側から、米海兵隊のMV-22オスプレイ4機が、11月2日(木)、東富士演習場及び北富士演習場において離発着訓練を実施する可能性がある旨の情報がありましたので、お知らせします。

 なお、本計画は天候等により変更の可能性があります。

※なお地元自治体への「演習通報」では訓練は「11:00~22:00」となっているそうです。

2017年9月28日 (木)

C-130輸送機の交替について

米軍横田飛行場配備のC130輸送機の交替について、防衛省(北関東防衛局)から情報提供があtったそうです。

【情報提供内容】

 米軍横田飛行場に配備されているC-130H輸送機のC-130J輸送機への

交替について、米側から、 「平成291016日に最後のC-130H 2機が帰投す

る」旨の情報提供がありましたので、お知らせ致します。

 本交替については、これまでお知らせしたとおり、平成304月までに完了する

予定であり、交替が完了した際には改めてお知らせ致します。

 なお、この予定については、様々な事情で将来的に変更される可能性があります。

 また、米側は平成291016日に横田飛行場において、C130H輸送機の

帰投記念式典の開催を予定しています。

2017年9月27日 (水)

グローバルホークの横田飛行場への飛来状況について(その3)

米空軍グローバルホークの横田飛行場への飛来状況について防衛省(北関東防衛局)から情報提供があったそうです。

【情報提供済みの内容】

58日付け)

・グローバルホークは51日に1機が飛来しました。

・グローバルホークは53日に1機、 54日に1機がそれぞれ飛来しました。

514日付け)

・グローバルホークは514日に1機が飛来しました。

 

【今回の情報提供内容】

・グローバルホークは927日に1機が飛来しました。

※備考  本件については、北関東防衛局のホームページに掲戦される予定です。

2017年9月26日 (火)

9月29日、30日 米陸軍が横田飛行場使用

国内における米陸軍との実動訓練(オリエント・シールド)に伴う

米陸軍の横田飛行場の使用について、防衛省(北関東防衛局)から周辺自治体へ情報提供があったそうです。

【情報提供内容】

825日(金)に情報提供させていただいたオリエント.シールド訓練に伴う米

陸軍の人員輸送について、復路は以下のとおり行われるとの情報を得ましたのでお知

らせします。

 ・ 929日(金)

  陸自車両及び米軍車両にて、米陸軍が厚木基地から横田飛行場へ移動。

  その後、航空機が横田飛行場から離陸予定。

 ・ 930日(土)

  陸自車両及び米軍車両にて、米陸軍が東富士演習場から横田飛行場へ移動。

  その後、航空機が横田飛行場から離陸予定。

※なお、本計画は天候等により変更の可能性があります。

2017年9月11日 (月)

日米友好祭にオスプレイ参加

「横田飛行場のMV22オスプレイの情報」について、防衛省(北関東防衛局)から周辺自治体へ情報提供があったそうです。

【情報提供内容】

 1 横田飛行場のMV-22オスプレイの情報について

本日(911日) 、米側から、米海兵隊のMV-22オスプレイが、 916日(土)

及び17日(日)に開催予定の横田基地日米友好祭に参加する可能性がある旨の情報があ

りましたので、お知らせします。

なお、本計画は天候等により変更の可能性があります。

〔要請〕

横田基地周辺市町基地対策連絡会では、北関東防衛局に対して、平成29911

に、次のとおり口頭要請を行いました。

・オスプレイに関する情報を早期に提供すること。

・飛行運用等全てにおける安全対策を徹底すること。

より以前の記事一覧